剣山の駐車場には3台の車が止まっていた
1台は来たばかりで女性2人のパーティーです

8:48
登山口をスタート




円山展望台に行ったりして道草をくって遅いスタートですが
昼頃から晴れるという天気予報なので
この時間のスタートでも十分です



この山に来るのは・・・
夏に1回
冬に1回

今回で3回目です


だからでしょうか?!
剣山の登山道も周囲はガスっていますが恐怖感は微塵もありません





時折聞こえる鳥の声をBGMに登山道脇に咲いている花に目を止めたり
写真を撮りながら自分のペースでのんびり歩きます



         
ハクサンチドリ          ユキザサ          オオヤマオダマキ         シラネアオイ

クモの巣に水滴が付き綺麗〜〜〜と思えるのも
3回目の山だからでしょう






9:36
ココは冬に私がスノーシューデビューをした時に
テントを設営し豚汁を食べた場所だなぁ〜〜〜と冬の剣山を思い出す
ずいぶん転んだよね〜ココまで来るのにずいぶん時間がかかったっけ〜?!
あ〜〜〜懐かしい!!



冬の剣山のレポはコチラから



9:55
一の森に到着

  

空は一向に晴れる様子はない

今日は景色よりも花見だな〜〜〜
この剣山で意外にも沢山の花に出会うことが出来てビックリです
花の勉強中の私は「持ち歩き図鑑 高山の花」という本を購入し
今日持ってくるのを忘れた・・・(^^;
やっぱわっちはアホゥですわ〜〜〜

      
ゴザンタチバナ       ハクサンチドリ        エゾコザクラ        ケエゾキスミレ

      
オオカメノキ       コヨウラクツツジ          ムラサキヤシオ        スズラン



注意!!

花の勉強を始めたばかりの私・・・

勉強の為にもわからない花の名前を「新北海道の花」梅沢 俊 著
をフル活用して調べていますが・・・・あまり自信はありません。

似たような花も結構あるのですね〜〜〜
ですから、花の名前に間違えがある可能性があります。

もし、間違えにお気づきでしたら是非メールにてお知らせ頂ければ嬉しいです(^-^)/




花を楽しみながら〜写真を撮りながら〜〜


10:18
二の森に到着です





そして不動岩





天気は変わらず・・・・
通過して三の森に向かうと


ゴリさんにお会いした







ゴリさん「今日は天気良くなるらしいけど・・・当てにすんなよ〜」

私「そうだね〜〜〜ありがとう!今日はバナナなくってゴメンネ」

ゴリさん「良いってことよ〜〜〜帰りにまた寄んなっ梯子で滑るんじゃないゼィ」



ゴリさんに見送られ

10:34
三の森を通過



ボっキリ折れちゃってるね〜〜〜
去年、こんな木があったかなぁ〜?!




10:42

三の森から最後の急登を一気に登り
頂上手前のテラスに到着




おっ剣の頂上が見えてるジャ〜〜〜ン(^-^)

すると

みるみる雲が流れてきて












あっという間に見えなくなった・・・


ココのテラスで一人のおじさんが休んでいた

おじさん「いや〜〜〜ビックリしたよ!!登山口を出発して15分ほど歩いたところで熊に会ったんだ」

私「えええーーーーーっ!!!なんですとぉーーーーーー!!」

おじさん「大型犬の少し大きいくらいだったよ・・・あいつもビックリしたみたいで登山道を登って逃げたんだ」

おじさん「足跡あったしょ〜〜〜」

私「えええっ!!あれが熊の足跡だったんだ?!」

確かにそれらしき足跡があったが登山道をまっすぐ登って続いていたので・・・
超初心者の私は勝手に思い込んだ

「変わったスパイクの付いた登山靴だなぁ〜〜〜」と・・・(^^;

いったいどこまでアホゥなのかしら?!

熊が出たと知ると急に怖くなるものだがその後もおじさんとおしゃべりをして
剣の頂上が晴れるのをテラスで待った


おじさんは休憩&熊話を終えると下って行った。
おじさんには悪いが一番乗りで登山道を歩かずよかった・・・
おじさんは私の40分ほど前にスタートしたそうです


テラスでお菓子を食べながらボーーーッとする

なかなか晴れないね〜〜〜

暇だね〜〜〜

頂上に向かえばいいのに?!
いやっココの居心地が良くって・・・


そして

最近、マイブームのセルフ撮影を始めた

今日はコンデジのみで三脚もないので
ザックの上にカメラをセットする


「ボーーーーッとする女」



「白い景色を眺める女」



「岩の上で気取っている女」



気づけば50分以上もココに居た・・・・
何しに来たんだろう?!

ふっと我に返りおもむろに雲の中の頂上を目指す


剣の楽しみの一つ梯子を登る
風がないので楽しい。


風があると「落ちる〜〜〜」というスリルが良い!!


この梯子には頑丈という心強い文字が?!


でも・・・・結構ゆれますから〜〜〜
ギシギシきしむ音もしますから〜〜〜


11:58
頂上到着!!




頂上には誰もいないし、風もない。

だから前回は登れなかった剣の本当の頂上に立ってみた!!

そして

剣とハイタッチ〜〜〜


お疲れでした!!


さぁ〜てランチでも〜〜〜とザックを開けてビックリ仰天・玉手箱?!

コンビニで買ったオニギリを車の中に忘れてきたーーーっ (T_T)

今日はとことん付いてない・・・・


寂しいランチとなりました




12:38
粘っても展望は期待できないようですから下山開始です


そして
下山途中で探しました・・・

ありましたよ〜〜〜熊の足跡!!



熊の足跡だと知るとスパイク付きの
登山靴には見えないよね・・・(^^;


久々の山歩きは天気はいま一つだったけど
花と熊に楽しませて頂きました。

でも、もし私が登山道で熊にあったら
きっと山登りを続けずに帰ってます!!










 エピローグ


<登った山>

剣 山(1205.1m)
この山は日高山脈の一つで私の住んでいる町(小さな)から
見ることができる。

ロープ・岩場・梯子・熊の足跡あり
と変化に富んでおり一度登るとこの山の魅力にヤラレルでしょう?!


近郊の人たちに愛されている山で平日でも登山者の姿があります
平日一人で山登りをするならココは安心かも・・・
孤独を愛する人にはパスかな?!


登り 3時間10分(テラスでの50分を含んでます)  下り 1時間30分



<メンバー>

若葉マーク 単独


<疲れを癒した温泉>

芽室 鳳の舞

銭湯ちっくな温泉で一人でも気軽には入れちゃう
露天風呂もありますよ〜〜〜



下山後の剣山もう少しで頂上が見えそうで〜見えないチラリズム

天気予報の嘘つき・・・




BACK   HOME