6時に起床し空を見る・・・

ハァ〜〜〜〜

深いため息が漏れる

曇り空だ・・・しかも
雲が低っ!!



7:40
弟子屈の道の駅を出発

藻琴山の登山口に向かう



途中、硫黄山の前を通った
硫黄山の頂上が見えない・・・
気持がブルーになる



小若「これじゃ〜藻琴山ダメだゎ!!」
とあっさり言うの聞いて

私「行ってみないと分からないしょ〜!!」
とむきになる


本当はダメだとわかっていたのに・・・諦めきれない


8:35

ハイランド小清水725の駐車場に到着
道々102号を展望台へ向かう途中
すでに視界は悪く真っ白だった



当然、登山口も真っ白だ!!


残念だが昼ごろから天気が回復するという天気予報を信じて
真っ白な中、記念撮影?!
いやっ証拠写真を撮って一端、撤退だ!!


  
ガッカリしたあまりアホゥになった私・・・
何処に向かって飛ぼうとしているのか?!







12:50

本日2度目の登山口
天候回復により念願の藻琴山歩き出発です





朝の天気とは雲泥の差!!

だって景色が見える〜〜〜〜♪
スカッと晴れた青空が最高すっ!!



下山してきたおばちゃんに登山道の様子を聞く

おばちゃん「最高にいい景色だったよ〜〜〜」
「雪渓が結構多いから下りは気を付けてね〜」

「あざーーっす!!」
いっちょ気合を入れて頑張りましょ♪



12:57
登り始めるとすぐにハイマツ地帯が続く
そして・・・
8合目の標識に
小若「えーーーっ!!もう8合目?!」
「楽勝だね♪」




余裕をかます小若

北海道の夏山ガイドの本によると
標高差275m 参考時間は1時間

藻琴山歩きはまだ、始まったばかりです


時折見える素敵な風景を楽しみながら
ハイ松のトンネルを歩きます
  

雪解けによりぬかるんだ登山道が意外にも滑る
すでに足元は泥んこです♪

ハイ松地帯を抜けると
一気に視界が広がる


眼下に広がる屈斜路湖
その向こうに硫黄山・摩周岳

開放感に包まれながら雪渓に覆われた尾根を歩く




雄阿寒岳・雌阿寒岳も見えている
この時間に登れて最高に良かったーーーっ!!


「ありがとぅ〜〜〜」と空に向かって叫ぶ!!


見事な大展望に見入る小若



小若「凄いね!!綺麗だね!!来て良かったね!!」

私「本当だね〜〜〜」


写真では伝わらない大きな景色が本当に素敵です





13:30

屏風岩と藻琴山山頂が小若の後ろに見えてきました






徐々に近づく屏風岩・・・
近くで見ると案外、迫力あるんですよね〜〜〜





13:40
屏風岩到着




屏風岩からの風景&屏風岩の小さな春
 



13:55
藻琴山頂上手前の広場
頂上まで、あと一息 最後の登りを一気に駆け登る

いやっ!!実際には駆け登ってはいない・・・
そのような気持であった ということです。(^^;



13:57
藻琴山頂上到着



ほぼ同時に山頂に到着したご夫婦と
写真を撮りっこする
見事な風景に会話が弾む♪



  



ピンクに染まった大空町の芝桜公園




景色をおかずに・・・

遅めのランチタイムで〜〜〜す!!

絶景の中のランチは格別

焼きトウモロコシにかぶり付く小若





そして・・・


藻琴山の頂上に

なんと


ナッキーがっ!!!







なぁ〜〜〜んてネ♪



小若のリアルナッキーのぬいぐるみでした(^^;

前回行ったお山
ピセナイ山では岩場がなかったので

小若なりにリベンジだった?!のでしょうね〜〜〜
写真を撮り満足気でしたよ♪



景色で満たされ胸一杯
飯で満たされ腹一杯

になったところで・・・・


14:40
下山開始です

下山途中 斜里岳が見事な姿を見せてくれた!!





斜里岳だけでなく知床連山も負けじと?!姿を見せる






春の斜里岳・・・・
本当に素敵です♪

小若「カッコいい山だね〜〜〜」と何度となく言う

あんまり素敵なお山なので・・・



お土産に持って帰ろうっと♪


ちょうど手のひらサイズだし〜〜〜\(^-^)/



ゆっくり・のんびり
景色を楽しみ&写真を撮りまくり

15:50
登山口に到着

小若の充実&達成感に満ち溢れた表情・・・


本当に最高のお山でした!!

こんな素晴らしい山があったなんて・・・・

なぜ、去年登らなかったのか?!

後悔をするほど素晴らしかった



ありがとう〜〜〜藻琴山!!
ありがとう〜〜〜青空!!
ありがとう〜〜〜小若!!


感謝の気持ちが溢れ出す



今シーズンまた会いに来るからね(^-^)/

そして・・・斜里岳

君にも今シーズン絶対に登りに来る!!



と駐車場にあるご立派なトイレに入りながら誓った











 エピローグ


<登った山>

藻琴山(1000m)

標高は1000mとさほど高い山ではないが展望の素晴らしは
近くにそびえる日本百名山の斜里岳に
負けてないのでゎ・・・
(斜里岳に登ったこともないのにねぇ〜〜〜)

とにかく、ぜひ登ってみて!!
と若葉マーク一押しの山である

登り 1時間07分  下り 1時間10分


<メンバー>


小若&若葉マーク の2人


<疲れを癒した温泉>


川湯温泉

御園ホテル

酸性が強い温泉・・・
実は初めてでしたが体が溶けちゃう?!
と心配する小若に大ウケでした(笑)

コンクリートも砂になる・・・・って書いてあったらしい


<おまけ>

川湯温泉で汗を流して一路自宅に向けて
阿寒横断道路を走行中

見事な夕陽が・・・

双岳台に車を止め日が沈むのを
静かに見守りました

ちなみにこの写真はコンパクトカメラです
デジイチでは上手く夕日の色が出せなくて (^^;

まだまだ修行が足りないようです・・・






BACK   HOME