初めての単独登山に緊張しつつも
ワクワク・ドキドキとした期待感のほうが強かった。

予定通りに自宅を2時に出発し30分ほど走った時だった・・・・


ゲッ!!!


わっちの帽子がないじゃない?!

やっちまったぁ〜〜〜〜(^^;

30分も走ったのに・・・・
ガソリン代が〜〜

じゃなくて

貴重な時間が〜〜〜(T T)


取りに戻ろうか?と考える前に
私はUターンしていた。


バンダナは持っていたが・・・
やはり帽子がなければ・・・いかんのだ!!



なぜなら、7月27日に沼の原を歩き
途中でバンダナにしたのだが・・・

見事に鼻のテッペンが日焼けして皮がペロリン
してしまったのだ



同じことを何度も繰り返すと・・・


「シミ・シワ・タルミ?!」


の進行を加速させてしまうことになる!!
(もう若くないですから・・・)


結局1時間近く時間をロスしたのですが
かなり余裕を見ての出発でしたから〜〜〜

と、自分を慰める(^^;



自宅を出てからずっと小雨が続いていたけど
狩勝峠を越えた辺りから雨は止み曇り空です♪


私は無料高速道路となっている・・・
(勝手に決め付けている)

道路をぶっ飛〜〜〜〜〜〜すっ!!
まるで、遅れを取り戻すように・・・



早朝はめっちゃいい!

ビュンビュンぶっ飛ばせる
癖になりそう♪



途中、私の大好きな花

ひまわり畑が目に飛び込んできたので撮影タイム







そして・・・


6:00


十勝岳温泉の無料駐車場に到着!!





ここまでの道路は全線舗装されており快適・快適

トイレもきれいで更にグ〜〜〜



準備を済ませて初の単独登山の始まり・始まり〜♪





安政火口に続く整備された道を歩いていと・・・



シマリスがお出迎えしてくれた!!



シャッターチャンスを狙ったがリスが動いてしまい撮れずじまい
仕方なく、諦めて再び歩き始める






10分ほど歩き後ろを振り返ると・・・
十勝岳温泉凌雲閣が見える



帰りに寄るからね〜(^-^)/~~~



安政火口・富良野岳への分岐点

ここで、ご立派な一眼レフカメラでリンドウの花をバシバシ撮っているおじ様・・・
  

おじ様「リンドウ〜今がいい時期だよ!!リンドウの写真撮るならこの辺が一番いいよ」

私「そうですか・・・じゃ、私も」

良いといわれると、ついつい写真を撮りたくなる。

この花は私の父が好きだった花なので小さい頃からよく見ていた・・・
自然の中に咲くのはそうそう見ることはできなかったが・・・素敵♪



小若がいないためか、いつもよりペースが速い。


雲の切れ間から目指す富良野岳が見え隠れする・・・




花の時期は過ぎているようだが
さすが!!富良野岳は「花の百名山」に選ばれているだけあり
登山道脇の花々が私を応援してくれる♪

  
  






8:20

富良野岳肩分岐の標木
(表と裏)
  

ここの分岐にザックが数個置いてあった・・・
荷物を置いて身軽になり富良野岳を登っているらしい。


そんなに急なのか?!

私も・・・いや!!あと0.8kmじゃないか!!

ザックの中には大事な食料も入っている
熊やキツネに狙われては大変だ・・・(考えすぎじゃい)



体力を付ける為にもこのまま行こうじゃないか!!
まっててね〜〜〜富良野岳♪






目指す富良野岳は雲の流れで
見えたり〜隠れたり〜
(じらすなよ〜〜〜)






富良野岳へ続く道
けっこう高度感がありビビりながら歩く・・・





そんな私を励ましてくれるのは・・・やっぱりカワユイ花達じゃん♪
  



途中、ウエストポーチだけという身軽な数人のおちゃんパーティーとすれ違う

おっちゃん1「一人?ザックを下にデポして来れば良かったのに〜」
おっちゃん2「ここからが結構きつい登りだから頑張って〜〜〜」


私「は〜〜〜〜〜い♪」
ザックを置いてくること→「デポ」というんだ(一人で納得)



街中ですれ違う人と話す事なんてまず無い・・・
でも、山ではすれ違う人と自然に会話が生まれる。



山っていいね♪




8:50

富良野岳頂上到着!!





頂上からの眺め〜〜〜十勝岳も見えてるよ♪



頂上では半そで・短パン姿のお兄さんが一人
三脚付きの小型デジカメで自分を撮影中


話を聞くと・・・

短パン兄ちゃん「今年の春に部署が変わって、長期の休みが取れなくて・・・
仕事辞めて北海道に遊びに来たんだ〜〜〜」って



マジ?!


埼玉から来ているという・・・この兄ちゃん
私よずっと北海道の山々を登っている

お勧めの山を話してくれる・・・
本州の山は人が多くて街中みたいだ・・・とも言っていた
(どんなんじゃい?!)


それにしても
仕事を辞めてしまうなんて・・・
旅の後は就職活動ですね短パン兄ちゃん(心の声)


色んな人がいるもんだ〜〜〜♪


短パン兄ちゃんは富良野岳のみの予定らしい。



私は上富良野岳まで・・・いや、
上ホロまで行くことを告げて別れ先に下山を開始した





NEXT